NUMBER (N)INE

ファッション

NUMBER (N)INE

NUMBER (N)INE NUMBER (N)INE(ナンバーナイン)は1996年に創立した日本のアパレルブランド。
創立者は宮下貴裕(Takahiro MIYASHITA)。
1973年、東京都に生まれ、服作りは独学で学びます。
1996年5月、企画・プレスを務めた「ネペンテス(NEPENTHES)」から独立しました。
1996年10月、クークスを設立し「ナンバーナイン(NUMBER (N)INE)」を発表。
現在、本社・本店は東京都渋谷区恵比寿にあります。
2000年(秋冬)〜は東京コレクション、2004年(秋冬)〜はパリコレクションに参加。
ニューヨークにも直営店をもち、全国各地のセレクトショップで取り扱っている人気ブランドとなりました。
2009年2月20日、宮下貴裕がブランドを脱退、2009-2010 A/Wを最後に、ブランドの解散を発表します。
ナンバーナインのデザインの中では音楽とファッションが密接に存在しています。デザイナーの宮下はロック、パンクからインスピレーションを受け、デザインに落とし込みます。
2005 S/Sのレッドツェッペリンの天国への階段をBGMに使用したり、2006 S/Sのガンズ&ローゼスをテーマにしたデザインなども見られました。その他、ニルヴァーナのカートコバーンからインスピレーションを受け、2005 A/Wのようにショーにその音楽を使用することがあります。
ストリートの流れを組むブランドでテーラードを基調としたロック、ミリタリーテイストでレイヤードスタイルのファッションが多い印象を受けますね。
しかし、毎シーズンコレクションのテーマが異なり、ロックというキーワードでさまざまな表現、また、常に内面と向き合い、挑戦しているイメージのブランド。日本では芸能人、モデル、有名スタイリストの絶大な支持を受け、爆発的な人気を得ました。