roen

ファッション

roen

roen roen(ロエン)は2001年に創立し、た高原啓が設立した日本のアパレルブランド。ブランド名の由来は狼煙(のろし)を音読みしたものなんだとか。
高原啓(Hiromu Takahara)福島県生まれ。幼いころはバスケットボールに没頭します。
92年、バンタンデザイン研究所メンズデザイン研究化卒業。卒業後はアバハウス・インターナショナルに入社。アバハウスでは、アルフレッドバニスターのデザインを手がけていたのだそうです。そしてここで靴作りを学ぶこととなります。
そして97年には「irrgular」「Alfredo BANNISTER IN」の立ち上げを経験。
2001年、アパレル、シューズ、アクセサリーなどトータルで展開するショップ「roen(ロエン)」を設立。ブランドコンセプトは「流行りものにとらわれることなく、自分達の感じる今にこだわる」
ブランド設立当初は自身のコレクションを持って、海外の気に入ったショップを自らひとつひとつ回って営業したのだそうです。
ブランド設立当初から海外にこだわった理由として、”日本のスピリットを世界にアピールしたかったから”だといいます。
ロエンは見るものに強烈な印象を残し、そのスタイルはダークでアバンギャルド。黒を貴重としたアイテムを展開しています。
スカルがメインモチーフで、DITA(ディタ)やSPALDING(スポルディング)といった他のブランドとは一線を画すコラボレーションも成功させています。中でもDISNEYとのコラボレーションで誕生したクラッシュミッキーは余りにも有名ですよね。
そのほかレザー製品の評価が高く、靴、ブーツなどが人気です。