roar

ファッション

roar

roar スワロフスキーデザインを世に知らしめたのがこのroar(ロアー)。ロアーの意味は英語で「叫ぶ、吼える」からきているのだそうです。
メインモチーフはピースメーカーと呼ばれる2丁拳銃。デザイナー濱中三朗氏はロエン高原氏、マスターマインド本間氏との親交も深くコラボレーションアイテムも多数存在します。ハイストリートという新たな分野を築いたブランドです。
2002 SSよりコレクションを発表。
ブランドコンセプトに「LOVE&PEACE」を掲げ、アメリカンカジュアル、ミリタリー、フォーマル、ワーク等様々な文化の中で育まれたアイデアをミックスし、アイテムを再構築することでコンセプトの本質を描出しているのです。
ブランドアイコンのクロスガンモチーフは2004 SSのテーマ「ウエスタン」から誕生したのだそう。
S.A.A45(シングル.アクション.アーミー45)通称:PEACE MARKERと呼ばれる銃身の長いピストルをクロスさせ、魅力と狂気が共存する存在に対してのアンチテーゼを表現しています。
マスターマインドのデザイナー本間からの”ロアーは世界に行くべきだ”との言葉でパリで発表することを決意します。そして2005-2006 A/Wパリコレクションよりブランド名「roarguns」でパリの展示会に参加。各国で高い評価を得ているのです。
カラーは黒が中心でややロックテイストなイメージがありますが、ナンバーナインになどに比べるとカジュアルな印象を受けると思います。
素材の独自開発、加工など、日本のもの作り、技術にこだわり、「世界に日本のテクニック、良質な生地をアピールしたい」と語っているのだとか。