クリスタル・スカル

クリスタル・スカル

クリスタル・スカル クリスタルスカル(水晶ドクロ)とは、水晶で作られた人間の頭蓋骨模型のこと。
このクリスタルスカルは「ヘッジス・スカル」と呼ばれており、1927年に中央アメリカ、ペリーズのルバントュム遺跡でイギリス人探検家、ミッチェル・ヘッジスが発見しました。
古代マヤ王国で制作されたとされており、発見された遺跡が約1000年前のものなので、少なくともそれ以降と思われますが詳しい製作年代はまだわかっていないそうです。
このクリスタルスカルは解剖学的に見てかなり正確に人間の頭蓋骨を再現しており、下顎も取り外しができるようになっているのだそうです。
大きさは、重さ約5kg、高さと幅は12.5cm、長さが17.5cmで女性の頭蓋骨を型どってあると推測されています。
クリスタルスカルのすごい点は型の正確さだけでなく、スカルの下から光をあてると、スカル全体が炎に包まれているように光ったり水晶が虹のように光を放ったり、目の部分が発光したりするというプリズム効果も考えられている点。
他にも文字を書いた紙をスカルの下に置くと眼球部分から文字が読め、また、真上から覗くと下の文字が拡大されて見えるのだそうです。
これは水晶だから起きる現象ではなく、水晶のプリズム効果・屈折率の知識がないと産み出せない技術なのだそう。
水晶の光の屈折率は複雑で、現在の技術を用いてもこれと同じ物を作るのは不可能に近いといいます。
また製作方法も謎に包まれており、水晶はダイヤ、サファイヤ、ルビー、トパーズの次に硬い鉱物で、現在マヤの道具として発見されているのは石や動物の骨から作られたものだけしか発見されておらずこれらの道具での加工は難しいとされています。
もしできたとしても、プリズム効果まで考えて作るのは不可能なんだそうです。
現在、十数個が確認されており、そのほとんどがマヤ文明やアステカ文明、インカ帝国といった中南米の考古遺物とされています。
当時の技術水準から考えてあまりにも精巧に造られているとも思えるためにオーパーツとして取り上げられますが、本当に出土品であるかどうかについて懐疑的な説があります。